夫が年金受給者でも専業主婦が申し込めますか

平成22年の貸金業法改正の総量規制による年収の3分の1までの貸付制限によって前年度収入が無かった場合は消費者金融から借り入れは一切出来なくなりました。
しかしいくつかの銀行カードローン会社は年金については安定した収入と判断しているところもあり、限られてはいますが年金受給者で他に収入が全く無くても貸付
してくれるところもあります。
ということは専業主婦が融資を受けれる銀行カードローンで年金収入のみでも貸付可能なカードローンであれば申し込みできるという
ことです。
そして実際数社存在します。
申し込みの際注意しなければいけない事があります。

まずは年齢です。
銀行カードローンの場合無担保・保証人無しなので貸し倒れを防ぐためにも年齢を制限しています。
高齢になればどうしても死亡するリスクが高くなり返済にも影響がでるので、返済期間も考慮して利用者の年齢を65歳未満に設定しているところが多いです。
また年金を安定した年収とみなすとあっても、年金だから少なくてもしょうがないなどと評価が甘くなるわけではありません。
むしろ年金だけで生活して返済もできる金額を考慮すると厳しくなります。

ですから申し込みの際は返済期間を短くし少額の借り入れであれば審査に通りやすいでしょう。
しかし申し込み者本人ではなく夫の年齢や年金額によっては審査に通らない事あります。
もし、年金の他に不動産の収入などわずかでもあればより借り入れできる可能性が高くなります。
公式サイトでは一般的なことだけ記載されているので、不安や疑問がある点は事前にカードローン会社に直接問い合わせしてみましょう。